お豆腐で満腹感が得られる

職場の後輩が、炭水化物抜きダイエットをはじめて1ヶ月が過ぎました。

それまで、しっかりとご飯やおにぎり、パスタなどが詰まっていたランチ内容も、最近では、すっかり野菜やお豆腐が中心になってきていました。

ご飯や麺類などの炭水化物をまったく食べないのではなく、その量を減らし、他の食材で満腹感を得るというものなので、職場の後輩はいまのところ特に苦痛はない、と話していました。

じつは、お豆腐が意外と満腹感を得られて、良質なたんぱく質も含んでいるので、よく食べているのだそうです。

■こういう方法もあるのだとか→ニューヨーカーの新定番!炭水化物抜きダイエットの味方「カリフラワーライス」とは – Ameba News

ただし、他の食材もバランスよくとらないと、またかたよった食生活になってしまうことが注意点だと話していました。

職場の後輩は、おいしいと思ったものは、大量にしかも続けて食べてしまうという悪い癖があるようです。

炭水化物は、人間のエネルギー源になるので、まったく食べないということではなく、炭水化物を減らし、そのかわり他の食材をバランスよくとることがポイントなんですね。

私も職場の後輩にも共通していえるのは、ご飯が好きなので、ご飯が進むような塩辛いおかずを好み、それがさらにご飯を食べる量を多くしているのということでした。

たしかに塩分の過剰摂取は体にもよくないし、私も一度自分の食生活をみなおしてみようかな、と思いました。

職場の後輩はまだダイエットをはじめて1ヶ月なので、特に目にみえるような効果は出てきていないものの、お通じがよくなった気がする、と話していました。

Comments are closed.